自然素材の家

どうして自然素材なのか?

近年、新建材や家具に含まれる化学物質が原因でシックハウス症候群による健康被害が広まり深刻な問題となっています。この問題に対して国は、平成15年7月より建築基準法が改正し機械による強制換気を義務づけました。
その背景には、省エネを目的とした住宅の高気密化や建材の工業化にあると当社は考えています。とくに、シックハウス症候群は家の中で長時間過ごす子供や主婦に被害が多いことから、当社は赤ちゃんが口に入れても、舐めても、大丈夫な国産の自然素材を使った安全な住宅を提供したいと考えています。
また、家の材料は自然のもので土に還る素材を使うことが良いと昔から言われています。私どもは、内装材に天然木や、土、石などすべて自然のもので、吸放湿性や通気性のあるものを使用しています。
それではそのこだわりの内装材の一部をご紹介いたします。


国産の無垢材

ひのき材の特徴
(フロアー、壁、建具)

 1.水に強く、木質に粘りがある。
 2.加工後の仕上げが美しい。
 3.ひのき特有の爽やかな香り。
 4.抗菌・防虫効果に優れる。

当社では、木曽桧などの優れた天然桧を独自のルートで調達しています。古来より、ヒノキ普遍の家といわれる様に桧(ひのき)は湿気・水に強く優れた耐久性と仕上がりの美しさ、森林浴効果が高く桧(ひのき)特有の爽やかな芳香が喜ばれます。温度調整に優れるため、季節を通じて快適な住空間を保つなど日本の住環境に適した多くの木質を備えています。ひのき材は、粘りと加工後の仕上がりの美しさから丈夫で高級感あふれる家づくりに最適な木材です。




すぎ材の特徴
(フロアー、壁、建具)

 1.木肌に温もりがある。
 2.湿気を素早く吸収する。
 3.蓄熱性に優れる。
 4.加工が容易。

素材となる杉は、地元材である八溝杉を使用しています。地元で育った木は地元の風土を知っているから、加工して木材になってもその土地の環境に耐えられる強度を持っています。
杉は人肌に優しく、温もりを感じさせる木質です。また加工しやすく、価格についても非常に優れています。